ないき行政書士事務所

対応可能言語

電話対応の場合
[ 日本語・英語 ]
Japanese/English

メール対応の場合
[ 日本語・英語・ポルトガル語・スペイン語 ]
Japanese/English/Portugal/Spanish

取扱業務

在留ビザの手続きは専門家へ相談するのが安全・近道です

外国人在留申請/帰化申請/国際結婚・国籍相談

外国人在留申請(在留ビザ申請)

外国人が日本に合法的に居住するための在留ビザ(就労・結婚・その他のビザ)の申請手続きを行います。入国管理局の申請取次としてお引き受けした場合は、申請者(在留を希望する外国人等)の入国管理局への出頭を省略できます。(注)申請人の事情により、入国管理局からの出頭要請が発生する場合があります。) 詳しくはこちら

帰化申請(日本国籍取得申請)

外国人が日本国籍を取得するための帰化申請・国籍取得届等の申請手続きを行います。尚、国籍の変更に当たっては、申請人本人の意思確認のため、必ず申請人本人が申請先行政機関(地方法務局)に出向かなければなりません。当事務所では、主に、必要書類の収集と作成に関するお手伝いをいたします。

国際結婚・国籍相談

国籍の異なる方同士の結婚手続きに関して、その手順・必要書類に関するご相談を受け付けます。(原則、日本国内で婚姻手続きを行う方を対象)また、出生その他の事情で、国籍に変動が生じている場合・生じる可能性のある場合等について、不安をお持ちの場合のご相談を受け付けます。

業務ポリシー

当行政書士事務所は、以下の業務ポリシーにもとづいてご依頼人の信頼にお応えできるよう業務遂行しております

1) コンプライアンスの厳守
2) ご依頼人との信頼関係の構築
3) ベストアンサーの追求

1) コンプライアンスの厳守

行政書士の仕事は、「公的な枠組み」の中で必要とされる事実証明を、客観的な立証証拠の提出によって行うことと考えます。ここで言う「公的な枠組み」とは、具体的には、法律その他の、行政行為の基準であり、日本政府が認めている許容の範囲であると考えます。コンプライアンスとは、この枠組みを外れた考え方を行わないということであって、個人あるいは法人の自己都合で「公的な枠組み」の範囲を逸脱しないことと捉えております。
勝手な解釈で、「公的な枠組み」を外れる行為は、必ず、法的・社会的なペナルティを運んできます。当事務所では、ご依頼人の方が、誤ってこのような行為を行ったりその状況を維持することの無い様、厳重にアドバイスをさせていただきます。

2) ご依頼人との信頼関係の構築

行政書士の仕事は、ご依頼人からの「真実」の聞き取りによって開始するものと理解しております。そのためには、ご依頼人の方に私どもを信頼していただくことが何よりも必要です。私どもは、ご依頼人の方々からの信頼をいただくために、法律その他、必要知識の研鑽に励んでおります。ご依頼人におかれましては、事案解決のための「事実確認」に、誠実にご協力いただけますようお願い申し上げます。

3) ベストアンサーの追求

解決すべき事案に関して、あらゆる視点からのアプローチを試みます。粘り強く、事案を検討し、情報を収集し、ご依頼人にとってのベストアンサーを考えます。「もう一歩」を頑張ることで、得られる結果が大きく異なると考えます。